スポンサーサイト

    --
    -----
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ド・モンストルレ家とフォン・マッケンゼン家の関係

    2009
    02-12
    ロタリンギア領、というのはフランス王国の祖であるカペー朝の前、カロリング朝の分家筋として
    領地を治めてきた一族の名の由来であり、その意味合いからは「ド・モンストルレ家」が本家。


    しかし、実際の領地の発展は神聖ローマ帝国に属したロートリンゲン公国時代が大きく、
    そのバックボーンを重視する血筋は「フォン・マッケンゼン家」を名乗ることが多い。


    …つまり、両者は元は同一の家柄であり、好みや時節に合わせて家名を変えてきた訳である。
    家紋は共に「上下にシンメトリカルな二つのMの文字を剣が貫く」というスタイルであり、
    両者の武力による強固な結び付き(対人/対非人)を表した物となっている。


    ジョフロアは伝統を大切にするド・モンストルレ家出身の騎士(ときどきハンター)。
    ジークリンデは影響力を重視するフォン・マッケンゼン家出身の戦士(ときどきお嬢様)。
    そしてジョフロアの母方の祖父、「現代では偉大すぎる英雄」ハインツは、マッケンゼン姓。
    (つまりジークリンデはそっち側の人間。あらゆる規則を気にせず、自分ルールで動き続ける)
    スポンサーサイト


    プロフィール

    ラハティエル・フォン・マッケンゼン

    Author:ラハティエル・フォン・マッケンゼン
    FC2ブログへようこそ!

    最近の記事

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。