スポンサーサイト

    --
    -----
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ホラーバトン】+【オリキャラ「実は…」バトン】

    2008
    11-28
    【ホラーバトン】+【オリキャラ「実は…」バトン】
    ホラーは大好きだ。ハヤカワのモダンホラー・セレクションを集めている。
    …ショーン・ハトスンがナポレオン物書くなんて…ああっ!


    【ホラーバトン】

    ◆恐いのは平気な方?
    孤独への恐怖は、やはり不安に感じることがある。
    …今は孤独ではないので、あまり意味が無い恐怖だが。


    ◆幽霊をみたことがある?
    地縛霊なら、いくらでも。
    …幽霊かどうか分からない、奇妙な現象なら、いくらでも。


    ◆お化け屋敷に行くのとホラー映画見るのとどっちが恐怖?
    どちらも恐怖ではない。
    お化け屋敷なら、戦術的にチェック&クリアで対処すれば良いし、
    ホラー映画なら、戦術的に演出や特殊効果を堪能すれば良い。フッ…。


    ◆死後の世界を信じる? また、死んでもし幽霊になってしまったら何をする?
    信じる。と言うか、当方の一族にはなかなか、しぶとい先輩方がいるので、な…。
    幽霊になれば…そうだな、試しに熱核兵器の起動スイッチでも押してみたい。


    ◆死んだらキレイなお花畑が出てくると思う?
    思わない。死ねば、終了だ。


    ◆death noteを拾いました。どうする?
    試しに名前を書いてみる。フッ…。


    ◆幽霊が目の前に!でも、その幽霊は自分の理想とする人だった!
    当方が理想とする人は、未だ存命なので生霊か。
    とりあえず、ゆっくりともてなそう。


    ◆自分の部屋に幽霊が住みだした!! でも引越しするお金はない! どうしよう!
    プライバシーの侵害だ。よって、処理する。


    ◆自分ちに実はずっと使われてない井戸があったら!?
    実は…というか、ある。
    別に、どうという事は無い。奇妙な音が聞こえたり、人影が見えたりする位だ。


    ◆着信アリのように自分にもその着信が来た・・・!
    メモリの節約の為、消去する。


    ◆あ、あなたの後ろに何か居ますよ?
    …背後の気配が分からないほど、鈍ってはいない。
    何かでも、誰かでも、そう簡単に当方の背後には立てないだろう、な…フッ。


    ◆ジェイソンとフレディ。どっちを味方にしたい?
    ジェイソン。
    夢の世界、のような不明瞭な背景には、興味が薄れる。現実の攻撃力が重要だ…戦術的に。


    ◆幽霊と生身の人間。どっちが怖い?
    幽霊でもニンゲンでも、より敵対的で能力が高い目標の方が脅威度も高いだろう。
    …相手に対して恐怖を感じたことは、唯一…彼女だけだ。



    次はPL視点のバトン。


    【オリキャラ「実は…」バトン】

    ■回してくれた方は誰ですか?
    回されても、受け取らない。自由意志だ。


    ■指定されたキャラをフルネームでどうぞ。
    ジョフロア・ド・モンストルレ=フォン・マッケンゼン


    ■そのキャラの生みの親歴は何年?
    10年以上だ。


    ■手、かかります?
    掛かる。今だに、ロールの幅が広がり続ける厄介なPCだ。


    ■では、そのキャラの基本的なプロフィールからお答え下さい。
    名前:ジョフロア・モンストルレ
    生年月日:1990年5月30日
    血液型:A型
    誕生日:5月30日(ふたご座)
    身長:08/11/28現在186.5cm
    ジョブ:ヴァンパイアロード×ワーウルフ
    基本タイプ:ミリタリー・ノーブル
    所属組織:銀誓館学園/ゴースト急襲部隊シュネルシュトース
    性格:誇り高い
    外見:金髪碧眼長身のエリート・アーリア人種


    ■では次に、「実は…」なプロフィールを。
    実は、妹がいる。非常に、手の掛かる厄介で危険な妹だ。
    …今の所、気付かれてはいない、と思う。あぁ。


    ■ではでは、このバトンで初めて明かす、キャラの「実は…」を1つどうぞ。
    実は、エターナル・チャンピオン的PCだ。
    …様々なワールド、シェアード・ワールドで古今東西、生き延びてきた…フッ。


    ■指定されたキャラの誕生秘話ってありますか?
    ジョフロア、というのはフランス語読みで後付けだ。
    ゴドフリー、というのも英語読みで後付で(まだお披露目もしてないが)、
    ゴットフリート、というのがドイツ語読みでそもそもの設定だ。
    …独仏国境のロートリンゲン/ロレーヌ地方が大好きというのは秘密なんだが、な。
    スポンサーサイト

    シナリオ#8856「紅葉の山へ、秘湯を訪ねて」

    2008
    11-19
    【銀誓館学園アメリカンフットボール部】で参加。


    水着と共にライフジャケットを取り出すが、チームの皆に止められる。
    「何だ? 水域用の装備だぞ? 他にはシーナイフとコンパスと発炎筒と…」


    とりあえずダンテとハヤトが混浴に興味を持ちすぎているようなので、見張っておく。
    …結果的に、女性陣の方ばかり目が行ってしまうが、戦術的なので仕方ない、な。


    あぁ、エル? 温泉の楽しみ…教えてくれないか?
    (サングラスを掛け、冷やしたジンジャーエール片手に…)


    …おっと、水分補給は重要だ。良ければ、飲んでくれ。
    (別のジンジャーエールの缶を、チームのクォーターバックらしく
    正確にエルの胸元に投げて、ニヤッと笑う)


    プロフィール

    ラハティエル・フォン・マッケンゼン

    Author:ラハティエル・フォン・マッケンゼン
    FC2ブログへようこそ!

    最近の記事

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。