スポンサーサイト

    --
    -----
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シナリオ#13810「 ≪銀誓館学園アメリカンフットボール部≫トラップハウスで陣取り合戦! タッチダウンは……?」

    2009
    11-21
    プレイングは以下の通り。まぁ、一部省略はいつものことだな。

    使役ゴーストのエクトル、後輩の隼人と共に傾いた部屋に入り、
    イグニッションして自分達の偽物と相対する。
    「初めまして、偽ジョフロア・ド・モンストルレ=フォン・マッケンゼン殿。
    貴殿には悪いのだが、倒させてもらうぞ…フッ」
    悪戯な笑みを口の端に浮かべて優雅に一礼、詠唱ライフル銃を構える。
    「さぁ、狩りの時間だ――俺を、楽しませてくれよ?」

    まず、エクトルを偽隼人へ立ち向かわせる。
    「エクトル! 根暗なハヤトって許せないよな? という訳で…行け!」
    自分は後方に下がり、隼人が狙う相手に連携してライフルを射撃する。
    「ベテラン組? まだまだ現役だ! カレッジで更に磨かれたライフルアームを見ろ!」
    自分の偽物相手には、いきなりクロストリガー奥義を放つ。
    「バランスが悪い人を見ると、ついイライラしてしまうので、な…フッ」

    相手達を撃破したら、ミラーの間に向かって後方から竜彦とエルを援護する。
    「待たせたな! 残り時間もタイムアウトも十分、タッチダウンを目指すぞ!」

    全ての偽物達を撃破後、メガリスゴーストを捜索して破壊、帰還する。
    「これで世界は――少しは、過ごし易くなったか? フッ…」
    スポンサーサイト

    シナリオ#12638「 ≪銀誓館学園アメリカンフットボール部≫タッチダウンを阻止せよ!」

    2009
    10-10
    プレイングは以下の通り。
    …ん? 文字数が少ない? その辺は公開後のお楽しみ、だな。

    ・準備
    特殊空間に入ったのを確認後、イグニッションして使役ケルベロスのエクトルを呼び出す。
    「行け…エクトル、地獄の番犬! その名の通り、敵から護ってくれ!」
    ハドル時には円陣の全員で右手を挙げさせ重ねながら、締めのコールを掛ける。
    「1・2・3,1・2・3,for…Win!」
    エクトルには味方ラインの位置に前衛として就くように指示、自らは後衛として後方に位置する。


    ・戦闘
    ライン戦とRB・WRのマッチアップは味方を信じて、自分は後方からライフルで敵QBを撃ち続ける。
    「俺に50秒と2つのタイムアウトをくれ。それだけあれば、得点できる…フッ」
    敵が味方の前衛・中衛を突破して自分の近くへやって来たら、ニヤッと笑って突然…突進する!
    「ポケットパサーの突然のスクランブル…戦術的ではないが、それすらもゲームプランだ!」
    全力疾走の勢いのまま、力を込めてフロストファング奥義の一撃を相手に見舞う。
    打撃後は再び味方の後方に戻り、ライフルを構えなおして撃ち続ける。
    「…こういうのも、たまには悪く無い、な…フッ」


    ・終了
    全てを撃破後、エクトルの肩を一つ叩いて労をねぎらう。
    「よくやったな、エクトル。シーズン後にはハワイ行きだ!」

    シナリオ#10204「矢来藤香の誕生日~お絵かきしましょ」

    2009
    07-11
    【アメフト部】で参加。

    ボールを50m先のターゲットに投げ込み、呟く。
    「ポケットパサーに求められるのは、瞬時の判断、素早い行動、そして…確実な成果、だ」

    いきなりダンテにタックルされる。
    「だ、ダンテ! ラフィング・ザ・パサーだぞ! 15ydsの反則…ぐふっ」

    その後はサイドラインに出て、練習に励むチームメイトを描く。
    「ふむ、ハヤトは密集地帯へのデイライト・ランより…
    スピードを生かしたオープン・ランの方が向いているな。戦術的に…フッ」
    風景画に分析を書き加えていく。

    シナリオ#11550「海に向かって走れ!叫べ!」

    2009
    06-03
    【アメフト部】で参加。

    浜辺でビーチチェアに寝転がって、冷たいジンジャーエール片手に
    試合の映像やプレーブックを確認する。フッ…。
    なんだハヤト? サボっているとは人聞きの悪い。戦術的な、特訓というヤツだ

    ん? 今度はミケか。あぁ…シグナルコーラーたる、QBとしてのトレーニング中だ。
    他には? そうだな…(起き上がって、傍らのアメフト用ボールを手に取り)
    「――ポケットパサーとは、こういうものだ!」
    (素早くステップバックし、スピンさせたボールを100m程遠くのゴミ箱に投げ入れる)

    ふむ。悪くは無い、ロングボムだ。あぁ、新たなトレーニングがある!
    ボールを、取って来てくれ。
    (そう言った後、再びビーチチェアに寝転んだ)

    ジョフロア19歳の誕生日

    2009
    05-30
    「すなわち勇気、そう、攻撃する勇気とは最良の殺害者である。
    およそ攻撃する勇気の中には、高らかに鳴り響く剣の戯れがある。


    ――しかも人間とは、最も勇気ある動物である。その勇気によって
    人間は、他の全ての動物を征服した。更に人間は高らかに
    鳴り響く剣の戯れによって、あらゆる苦痛をも克服した。
    人間の受ける苦痛こそ、最も深い苦痛なのである。


    勇気はまた、深淵を見下ろした時の恐怖をも打ち負かす。そして人間は、
    常にいつも深淵を真下に見て立っているのではないか。
    そう、見るという行為自体が――深淵を見るということではないか。


    勇気は最善の殺害者でもある。勇気はまた、苦悩への同情をも打ち倒す。
    苦悩への同情こそ、最も深き深淵なのである。人間は、生を見ることが
    深ければ深いほど、苦悩を見ることもまた深くなるのだ。


    それにしても、勇気とは最も優れた殺害者である。
    そう、攻撃する勇気、それは――死をも打ち殺す。
    死を前にしてその暗く深い淵を見下ろしながら、つまり勇気はこう言うのだ。


    「…これが生だったのか。よし、もう一度」と。


    プロフィール

    ラハティエル・フォン・マッケンゼン

    Author:ラハティエル・フォン・マッケンゼン
    FC2ブログへようこそ!

    最近の記事

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。